5年前ぐらいのことですが、妊活をしていて、あんまりうまくいなかった時のお話をしたいと思いまっす!当時は妊活って言葉がなかったような気がしますね。いったいいつごろからでしょうか?妊活って言葉が流行してきたのは…

中々うまくいかないことにストレスが溜まる

tamagon

妊活をする=あの行為ですよね?行為をいっぱいしても、全然授かれない時が一時期ありました。

すぐに妊娠するだろう・・・とちょっと勘違いをしていました。

友達はそうそう妊娠していっていたので、ちょっとだけですが、焦りがありました。

できないことにストレスを感じて、なんでできないのよ!とパパにあたってみたり。あんたのたまの子の元気がないんだよ!みたいなことを言ったり・・・

まぁ喧嘩にはなりませんでしたが、こんな感じのやりとりを当時していましたね。

まぁゆっくり行こうってことで、6ヵ月から1年を目安に妊活をしていました。

1年すぎたら、不妊検査を二人で受けようって話をしていた時にできたんです。

ちょっと気が張っていると妊活ってうまくいかないような気がします。

早くできないと友人に遅れてしまう…おばちゃんママになってしまうということなんて考えない方がいいと思うんですね。

軽い気持ちで妊活を行うといいと思います

私の考えですが、あまり考えすぎるのは、よくないと思います。早く授かりたい気持ちは分かりますが、焦っても意味がありません。

まぁ歳をとると妊娠率が低下するので、ちょっと焦る必要もありますが、焦って喧嘩して夫婦間が悪くなってしまったら元もこうもありませんからね。

妊活中はストレスをためないことが大事なので、気が張っている場合はちょっと気をゆるくして妊活に励んでいってください。